★新月の天体予報【2023年4月20日〜2023年5月19日】

今日は2023年4月20日、おひつじ座29度の新月です。


新月の日は、心が静かになる日です。あなたが本質的に持っている強さ、美しさ、純粋さを磨き、気づくことで、人生の方向性を設定したり見直したりするのにとても良い日なのです。


月の光が完全に隠れ、静寂の中で自分を見つめる日。

そんな日に輝く天体たちは、私たちに、

どんな影響をもたらすのでしょうか?


「新月の天体予報」は、新月の日の天体たちからのメッセージを、みなさまにお届けします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●新月の天体からのメッセージ

今回の新月は、おひつじ座29度で起こります。前回の新月がおひつじ座の0度でしたから、同じおひつじ座内で2回目の新月ということになります。これが意味するところは「始まりの仕上げ」。1ヶ月くらい前から始まった物事に対して、何か1つの区切りというか、結果が見えてくるサイクルに入ります。冥王星からの強い影響もありますから、目に見えないものからの後押しを感じることもあるでしょう。あるいは宿命的な縁によって導かれることも。


またこの新月は、土星からの影響も受けています。1ヶ月くらい前から始まったアイデアを、現実的な形にしていく1ヶ月となるでしょう。土星と金星が影響を受けあっているので、小さくても確実な一歩となるはずです。もしかしたら、あなたにとって「少々面倒なこと」が必要になってくるかもしれません。けれどもどちらの天体も柔軟性の高い状態なので、どんなことも考え方次第で面白くしていけるはずです。


今月は天王星と水星と火星が強く影響を受けあっています。新しいアイデアを出していくことに拍車がかかっていきます。新しい価値観やテクノロジーをもとに、人との交流を広げていける時。また、出来事や人の発言、アート作品などによって、従来の社会的価値観を変えていくキッカケがもたらされます。新月がほぼ天頂にあることもあり、個々の魂が目指しているところにたどり着く、あるいはその道がハッキリと示されるでしょう。また地球社会規模においても、重要な出来事を通じて、未来に向けて大きな変化を経験するかもしれません。



★新月の日の意味

西洋占星術で「太陽」は、人生の目的。その人にとって最も目指していきたい理想であったり、「本当のあなた」そのものを表すのが太陽なのです。それに対して「月」は、「感情」「子供の頃の記憶」を表します。自分では何故かコントロール出来ない、感情の本能のようなもの。そんな「月」が太陽によって隠される新月の日は、月、つまり感情や心の傷の影響を受けづらくなる日。心静かに自身を振り返ることで、心の中の本当の願いや、本来の輝かしいあなた自身の本質にアクセスできる日なのです。


0コメント

  • 1000 / 1000